NGE

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 2回戦 同志社大学戦後 選手コメント②

16月
6月1日(水)、天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 2回戦が行われました。名古屋グランパスはパロマ瑞穂ラグビー場で同志社大学と対戦し、2-0で勝利。試合終了後、阿部浩之選手、武田洋平選手が試合を振り返りました。

阿部浩之選手


ー後半開始早々に先制点を挙げました。

ああいうのは得意なので。そういった場面が来た時にしっかりと決められたことは良かったと思います。チームとしてはああいう形をもっと作れればと思います。本来はもっと点を取らなければいけない試合だと思うので、内容を含めてもっと自分たちを見つめ直さなければいけません。


ーピッチ状況も含め、ロングボールを蹴る場面が多くありました。攻撃の出来はいかがでしたか?

ピッチ状態に合ったプレーを、というか。先に失点してしまうとしんどい展開になると思うので、ああいうプレーを選択することは間違っていないと思います。その中で(ピッチの)状態のいいサイドをもっと攻略できれば、さらにいい攻撃ができたのかなと。そのあたりはチームとしての共通意識をもっと持たなければいけません。どこでスピードアップするのか、どこから崩すのか、もっと整理しなくてはいけないなと思います。


ー先制点につながった崩しはイメージどおりだったと。

そうですね。前半から特に左サイドはうまく崩せていたので。(齋藤)学とはイメージの共有ができていますし、ほかの選手も絡みながらいい展開ができたのかなと思っています。


ーああいったボールが来るというイメージはありましたか?

前半にもあったので。それがうまく合ったという感じです。


ーエリートリーグでは、齋藤選手のゴールをアシストしています。意思疎通がうまくいっているのでしょうか?

(残り: 1938文字 / 全文: 2653文字)

この続きをみるには

この記事の続きは会員限定です。
JリーグID登録と購読手続が
完了するとお読みいただけます。