NGE

4/16(月)トレーニング後コメント

164月

本日4月16日(月)、チームはトヨタスポーツセンターで非公開トレーニングを実施しました。練習終了後、押谷祐樹選手、内田健太選手、深堀隼平選手が取材に応じ、18日(水)に行われるJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第4節のサンフレッチェ広島戦への意気込みを語りました。


押谷祐樹選手


―ルヴァンカップは現在3連敗中と苦しい戦いが続いています。

これまでの3試合は、観に来てくれている方に申し訳ないというか、そういうゲームをしてしまいました。応援してくれる方のためにも、勝ちにこだわってやりたいです。


―FW、またはインサイドハーフでプレーする機会が多いです。自分のやるべきことは明確になってきているのでしょうか?

(18日の広島戦は)フォーメーション、(自分がプレーする)ポジションも分かっていない状態なので、頭で考えながらやれればいいなと思っています。どこで試合に出ても、とにかくゴールを決めたいですね。


―チームとしては得点がほしい状況です。得点の取り方は見えてきているのでしょうか?

練習でスタメン組に入っているわけじゃないので分からない部分もあります。ただ、見ている限りはシュートが少ないと感じています。シュートを打てる場面でパスを選択することが多いので、自分としてはどんどんシュートを打っていけたらなと。前回の試合(ルヴァンカップ第3節G大阪戦)で外してしまっているので、「次こそは決める」という気持ちでやるつもりです。


―広島にはどのような印象を抱いていますか?

リーグ戦で首位に立っていますし、強いチームであることは間違いないと思います。選手層も厚く、いい選手もたくさんいますから。


―組織力が高いチームに対して、どのように戦っていくべきでしょうか?

ルヴァンカップの3試合はすべて失点しているので、個人的には失点をしないことが大事になると感じています。もちろん、点を取りにいく姿勢も重要ですけどね。先制点を取ることを目標にして試合に入っていきたいです。

この続きをみるには

この記事の続きは会員限定です。
JリーグID登録と購読手続が
完了するとお読みいただけます。