NGE

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 3回戦 ツエーゲン金沢戦後 選手コメント①

226月
6月22日(水)、天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 3回戦が行われました。名古屋グランパスは石川県西部緑地公園陸上競技場でツエーゲン金沢と対戦し、1-0で勝利。試合終了後、相馬勇紀選手、柿谷曜一朗選手、内田宅哉選手が試合を振り返りました。

相馬勇紀選手


ーいい仕掛けから先制点につながるPKを獲得しました。

前半にドリブルで仕掛けていた分、後半は相手が足元に食いついてきたところでいいスルーパスがきました。ファーストタッチで相手に取られず、ペナルティーエリアに侵入できる一番いいところに置けたことがPKにつながったかなと思います。


ーファウルを受けなかった場合のイメージはいかがでしたか?

巻いてファーサイドのゴールネットに打てたので、シュートを打とうと思っていました。(相手が)結構強めにきているのがわかったので、わざと少しスピードを落としたら突っ込んできたという感じでした。


ー監督も「いけ」という話をしたと言っていました。

そうですね。試合前もそうですし、ハーフタイムでも「いこう」という話をしてくれていたので、狙っていました。


ーカテゴリーの差もあるかと思いますが、試合を通じて違いを作れていた要因をどのように考えていますか?

相手がどうという話はあまりしたくないですけど、やはりJ1で闘っていて、優勝を目指しているチームとしては絶対に負けられない戦いではありました。ただ、周りの結果を見てもらえればわかりますけど、下のカテゴリーのチームが勝っていて、難しい試合ではありました。うちも前半からチャンスがあった中で決めきれず、どうなるかわからないところはあったと思います。


ーそこを変えてやろうという意気込みもあった?

そうですね。あとはこういう試合を決めるのは個人のプレーだと思っています。うまく崩すことばかりを狙っていると一発でやられてしまったりするので。個人の仕掛けで抜くとか、シュートを決めきるという部分が大事だと思っていたことがああいうプレーにつながりました。


ー前節の悔しい敗戦があって今日の試合を迎えました。

連敗しないことはリーグ戦を闘う上で大事です。1年間闘っていく中でああいうゲームもあるので、うまく切り替えられたかなと思います。ただ、前半に3点取られて、悲しんでいる親子の姿が映像で流れてきたので、「申し訳なかったな」とすごく思いました。プレーで笑顔にすることが僕らの仕事でもあると思うし、自分たちが楽しんでサッカーをすることで勝つというところにもつながってくると思うので、そこはより意識しました。


ーしっかりと切り替えて次の鹿島アントラーズ戦を迎えられそうですね。

そうですね。個人的に在籍したチームで、順位的に上のチームです。球際だったり、闘うというベースが去年からさらに整ったチームだと思っています。絶対に勝ちたいです。


ー闘うというところは相馬選手の強みでもあると思います。

ヘディングや球際、1対1で負けたくないです。負けず嫌いなので。そこはいいところだと思っています。


ー今日のチームの雰囲気はいかがでしたか?

切り替えてやろうということで、サブの選手も含めてチーム全体でいい雰囲気を作れていたかなと思います。


ーお子さんが生まれてからより存在感が増しているように思います。

「子どものために」と責任感が増しました。


ー子育ては大変ですか?

楽しんでいますよ(笑)。笑うようになってかわいいので頑張ります。


柿谷曜一朗選手


ー勝利を収めた今日の試合を振り返ってください。

「受け身にならず、自分たちから仕掛けていこう」という90分でした。得点こそ少なかったですけど、前への意識は共通して持てていたと思います。質のところはもう少し上げていかなければいけません。


ー点は入らないものの、決定機が多くある、という前半でした。焦りはなかったですか?

いえ、続けていくだけだと思っていました。後ろのラインに阿部(浩之)ちゃんがいると中盤の前で勝負するだけになるし、(仙頭)啓矢もそうですけど、(吉田)温紀もすばらしい出来だったと思います。若い選手も含め、全員がいいパフォーマンスを見せたと思います。


ー柿谷選手はニアに飛び込むことが多かったように思います。意識的に狙っていたのでしょうか?

こっちのタイミングと出し手のタイミングが合わなくて、数回チャンスを無駄にしてしまったので、次はタイミングが合えばなと思います。


ー後半に切り替えた点はありますか?

いえ、続けるだけでしたね。


ー後半は1点を取り、前半以上に主導権を握れていたと思います。

相手がペースダウンしましたし、僕たちも勝っていたので急がずに作っていけたんじゃないかなと思います。


ー次の相手はセレッソ大阪に決まりました。

今年はいいサッカーをしていて強いので。いい試合ができると思います。


内田宅哉選手


ーポジショニングを変えながらプレーしました。自身のパフォーマンスをどのように評価していますか?

自分の中ではチームの勝利が大前提です。そこは達成できたので良かったです。個人としてはもう少しシュートを打つ機会を増やしていきたいと思っています。それ以外はある程度できたのではないかという手応えがあります。


ー今日の試合で重視していたことを教えてください。

最初は前でプレーしていたので、チャンスを作ること、裏に抜けること、前から守備をすることを意識していました。それは前の選手に求められていることです。その中でもっと起点になり、攻撃の回数を増やせたらさらに良かったと思います。連係など、多少できたところはあったので次に生かしていきたいと思います。


ー連係を重視しているように見えました。

自分の持ち味をもっと出していきたいですし、追求していかなければいけないなと思っています。


ーポジションが変わることで考え方も変わるかと思います。

前で求められていること、中盤、サイドで求められていることは違ってきます。初めてやったわけではないので、ある程度はやるべきことをわかっているつもりでいますし、その中で質を落とさずにプレーしなければいけないと思っていました。しっかりとやれたのかなと思います。


ー「もっとうまくできた」と感じた場面はありましたか?

左サイドからの攻撃が多い中で、もっと間で受けて起点になることができたかなと。また、右サイドでももっと作れたと思っています。押し込んだ時に、右から仕掛けていく時間をもっと作れたら良かったです。


ー自身が出場した試合で勝つことはすごく大事なことだと思います。そのあたりの手応えはいかがですか?

天皇杯でのJ2チームとの対戦は、難しいものになるとわかっていました。どんな形であれ勝つことができたというのはすごく大きいです。個人としても試合に出て、勝つことができた点はすごく良かったと思っています。