NGE

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 2回戦 同志社大学戦後 選手コメント①

16月
6月1日(水)、天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 2回戦が行われました。名古屋グランパスはパロマ瑞穂ラグビー場で同志社大学と対戦し、2-0で勝利。試合終了後、吉田晃選手、マテウス カストロ選手が試合を振り返りました。

吉田晃選手


ー公式戦初出場となりました。振り返っていかがですか?

初出場というのもあって、すごく楽しかったです。最初は緊張していて、自信もなかったんですけど、ピッチに入ってプレーしているうちにだんだんと慣れていって、楽しかったです。


ーどれくらいで試合に慣れていった感覚ですか?

前半の途中くらいから慣れてきて、自分の思うようなプレーがしっかりできたと思っています。


ーどんなことを意識して試合に入りましたか?

みんなから「失敗していいからどんどんチャレンジしろ」と言われていたので、それを意識していました。


ー積極的にインターセプトを狙ったり、チャレンジする姿勢が出ていたと思います。プレーを振り返っていかがですか?

緊張というのもあったので、まだまだですね。これからです。


ーコーナーキックからのヘディングは惜しかったですね。

そうですね。あれは決めたかったです。


ーシュートシーンも含め特徴を出せていたと思います。

(残り: 1254文字 / 全文: 1770文字)

この続きをみるには

この記事の続きは会員限定です。
JリーグID登録と購読手続が
完了するとお読みいただけます。