NGE

明治安田生命J1リーグ第8節 鹿島戦後 選手コメント①

144月

4/14(土)、明治安田生命J1リーグ第8節が行われました。名古屋グランパスは県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦し、0-2で敗戦。試合終了後、小林裕紀選手、秋山陽介選手、菅原由勢選手が試合を振り返りました。


小林裕紀選手


—本日のゲームを振り返ってください。

相手が2ゴールを取った一方で、グランパスは点を取れませんでした。しっかりと敗戦を受け入れなければならないと思います。


—前半、シュートを打てる場面でパスを選択するシーンがありました。

それは個々の判断です。ゴールにボールが入ればいいわけなので。ただ、シュートを打たなければならない場面もたくさんあるかもしれませんし、より良い選択肢もあったかもしれません。常にベストな判断をしなければいけないと思うので、質やクオリティーの問題になってくると思います。


—本日の試合で改めて見えた課題はありますか?

ゲームが終わったばかりなので何とも言えないです。負けたことは事実なので、次に勝てるようにやらなければならないと思います。

この続きをみるには

この記事の続きは会員限定です。
JリーグID登録と購読手続が
完了するとお読みいただけます。