NGE

明治安田生命J1リーグ第15節 柏戦後 選手コメント②

205月

5/20(日)、明治安田生命J1リーグ第15節が行われました。名古屋グランパスは豊田スタジアムで柏レイソルと対戦し、2-3で敗戦。試合終了後、和泉竜司選手、児玉駿斗選手、宮原和也選手が試合を振り返りました。


和泉竜司選手


—リーグ戦13試合勝利なしという状況になりました。試合全体を振り返ってください。

自分たちがやるべきプレー、やってきたプレーを出せてはいたので良かったところはありますけど、やはり求められているのは結果です。チームとしても勝ち点3を取りにいっていたので、満足できる結果ではありません。自分たちがやるべきサッカー、やらなくてはいけないものというのは分かっているので、中断期間でもっと成長できるようにやっていくことがすべてだと思います。全員で信じてやり抜くことが一番大事だと思うので、個人としてももっとレベルアップできるように中断期間を大事にしていきたいです。


—中断期間を前に厳しい結果に終わりました。

勝ちたかったですし、勝って中断期間を迎えたかったです。でも一喜一憂せずに、この中断期間をチームとしても個人としても本気で取り組んで、もっとレベルを上げていきたいです。そうしないと同じ結果になると思うので。この結果はすごく悔しいですし、ファン・サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分たちがもっと練習して成長していくしかないので、負けてしまいましたけど、前を向いてやっていくしかないと思います。本当にこの中断期間をどのチームよりも大事にして、立て直すというよりは、もっと成長することが大事になります。やれる部分もありますし、少しずつは良くなってきていたので、それを無駄にしないように、中断期間を生かしていきたいと思います。


—リーグ戦で8度目の3失点を喫しました。修正していくべき点はどこだと思いますか?

セットプレー以外の2失点は、自分たちのボールロストから(喫したもの)で、1失点目は自分のパスミスからでした。3失点目も対応のミスだったので、そういった部分をなくしていかないといけません。しっかりとやれるようになれば失点も減ると思います。全員で助け合う気持ちも大事になってきます。攻守一体となってやっているので、攻撃、守備の両方でレベルアップしていかなければいけません。


—オフサイドの判定となったシュートシーンについて振り返っていただけますか?

こぼれ球を狙っていて、いい形でシュートを打てました。結果的にオフサイドになりましたが、それは審判が判断するものですし、僕たちがどうこう言っても変わるものではないので、切り替えてやりました。


―得点するチャンスが多かったことはポジティブに受け止められるのではないでしょうか?

そうですね。常にやり続けてはいましたし、だからこそ自分のミスからの失点もそうですけど、3失点目のああいうミスからの失点をなくしていけたら、もっと良くなっていくと思います。してはいけないミスを減らしていかないと、J1だとそういうところを決めてくるので。ただ、やり続けることが大事だと思いますし、そこをブレずに中断期間をしっかりやっていきたいです。


―前後半ともに先行された中でも攻め続けることができました。

割り切ってというか、やるしかなかったです。自分たちの順位だったり、今の状況を考えると、チャレンジャーとしてやることが重要です。その中でうまくいったプレーもいかなかったプレーもありますけど、そのチャレンジが次につながると思います。そういう意味では今日は失点もしましたし、展開的には厳しかったですけど、全員で前を向いてやれたのではないかと感じています。それをベースに、最後の精度もそうですし、絶対にしてはいけないミスからの失点を減らしていきたいです。結果には満足していないですけど、自分たちとしてはやり続けることができたと思います。


―サイドではいい形でボールを回していたのではないでしょうか?

サイドで人数を増やして崩していくことが、最近は少なかったので、そういう部分は改めて重要性を感じました。あそこでボールを持てることで、全体も押し上がりますし、切り替えもできて、ディフェンスも狙いやすくなると思います。それが目的ではないですけど、そこをうまく使いながらどうゴールを取るかが、一つ大事になると思います。

この続きをみるには

この記事の続きは会員限定です。
JリーグID登録と購読手続が
完了するとお読みいただけます。